ch.kuramo.javie.api
インタフェース IShaderProgram


public interface IShaderProgram

IShaderProgram はシェーダプログラムを使用するためのインターフェースです。 IShaderProgram オブジェクトは IShaderRegistry から取得することができます。


メソッドの概要
 int getAttributeLocation(java.lang.String attributeName)
          このシェーダプログラムの Attribute 変数の位置を取得します。
 java.lang.String getName()
          このシェーダプログラムの名前を取得します。
 int getProgram()
          プログラムオブジェクトの番号を取得します。
 int getUniformLocation(java.lang.String uniformName)
          このシェーダプログラムの Uniform 変数の位置を取得します。
 void useProgram(java.lang.Runnable r)
          このシェーダプログラムを使用します。
 

メソッドの詳細

getName

java.lang.String getName()
このシェーダプログラムの名前を取得します。

戻り値:
シェーダプログラムの名前

useProgram

void useProgram(java.lang.Runnable r)
このシェーダプログラムを使用します。このシェーダプログラムを使用して行う処理を、引数 rrun() メソッドに記述します。

パラメータ:
r - シェーダプログラムを使用して行う処理

getProgram

int getProgram()
プログラムオブジェクトの番号を取得します。

戻り値:
プログラムオブジェクトの番号

getAttributeLocation

int getAttributeLocation(java.lang.String attributeName)
このシェーダプログラムの Attribute 変数の位置を取得します。 位置を取得する Attribute 変数の名前を、引数 attributeName で指定します。

パラメータ:
attributeName - Attribute 変数の名前
戻り値:
attributeName で指定した Attribute 変数の位置

getUniformLocation

int getUniformLocation(java.lang.String uniformName)
このシェーダプログラムの Uniform 変数の位置を取得します。 位置を取得する Uniform 変数の名前を、引数 uniformName で指定します。

パラメータ:
uniformName - Uniform 変数の名前
戻り値:
uniformName で指定した Uniform 変数の位置