ch.kuramo.javie.api
列挙型 IVideoBuffer.TextureWrapMode

java.lang.Object
  上位を拡張 java.lang.Enum<IVideoBuffer.TextureWrapMode>
      上位を拡張 ch.kuramo.javie.api.IVideoBuffer.TextureWrapMode
すべての実装されたインタフェース:
java.io.Serializable, java.lang.Comparable<IVideoBuffer.TextureWrapMode>
含まれているインタフェース:
IVideoBuffer

public static enum IVideoBuffer.TextureWrapMode
extends java.lang.Enum<IVideoBuffer.TextureWrapMode>

テクスチャのラップモードを表す列挙型


列挙型定数の概要
CLAMP_TO_BORDER
          テクスチャ座標が範囲外の場合、境界色が使用されます。
CLAMP_TO_EDGE
          テクスチャ座標が範囲外の場合、テクスチャの端のテクセルが使用されます。
MIRRORED_REPEAT
          テクスチャが鏡面型で繰り返されます。
REPEAT
          テクスチャが繰り返されます。
 
メソッドの概要
static IVideoBuffer.TextureWrapMode valueOf(java.lang.String name)
          指定した名前を持つこの型の列挙型定数を返します。
static IVideoBuffer.TextureWrapMode[] values()
          この列挙型の定数を含む配列を宣言されている順序で返します。
 
クラス java.lang.Enum から継承されたメソッド
clone, compareTo, equals, getDeclaringClass, hashCode, name, ordinal, toString, valueOf
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
finalize, getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

列挙型定数の詳細

CLAMP_TO_BORDER

public static final IVideoBuffer.TextureWrapMode CLAMP_TO_BORDER
テクスチャ座標が範囲外の場合、境界色が使用されます。 IVideoBuffer が保持するテクスチャの境界色は通常(OpenGLのAPIを直接使用して変更しない限り)、 無色透明 (r,g,b,a=0,0,0,0) です。


CLAMP_TO_EDGE

public static final IVideoBuffer.TextureWrapMode CLAMP_TO_EDGE
テクスチャ座標が範囲外の場合、テクスチャの端のテクセルが使用されます。


REPEAT

public static final IVideoBuffer.TextureWrapMode REPEAT
テクスチャが繰り返されます。

導入されたバージョン:
0.5.0

MIRRORED_REPEAT

public static final IVideoBuffer.TextureWrapMode MIRRORED_REPEAT
テクスチャが鏡面型で繰り返されます。

導入されたバージョン:
0.5.1
メソッドの詳細

values

public static final IVideoBuffer.TextureWrapMode[] values()
この列挙型の定数を含む配列を宣言されている順序で返します。 このメソッドは次のようにして定数を反復するために使用できます:
for(IVideoBuffer.TextureWrapMode c : IVideoBuffer.TextureWrapMode.values())
        System.out.println(c);

戻り値:
この列挙型の定数を宣言されている順序で含む配列

valueOf

public static IVideoBuffer.TextureWrapMode valueOf(java.lang.String name)
指定した名前を持つこの型の列挙型定数を返します。 文字列は、この型の列挙型定数を宣言するのに使用した識別子と厳密に 一致している必要があります (余分な空白文字を含めることはできません)。

パラメータ:
name - 返される列挙型定数の名前
戻り値:
指定された名前を持つ列挙型定数
例外:
java.lang.IllegalArgumentException - 指定された名前を持つ定数を この列挙型が持っていない場合